ノラネコの部屋

ダイエットと健康情報とより良い生活の知恵

ノラネコの部屋

ホワイトデーのお返しの意味、チョコ・クッキー・マシュマロ・アクセサリー

2017年02月17日

ホワイトデーのお返しの意味、チョコ・クッキー・マシュマロ・アクセサリー、それぞれ意味があるって知ってました?





バレンタインデーで浮かれたのも束の間。

あっという間にホワイトデーが

やって来ます。

 

バレンタインデーはチョコレート、

と決まって?いますが、

ホワイトデーのお返しとなると、

チョコ?

クッキー?

マシュマロ?

など、ちょっと悩んでしまう

人も多いのではないでしょうか?

そして、適当に

クッキーの詰め合わせ

なんかをお返しする、と。

 

でも、ちょっと待って下さい。

ホワイトデーの贈り物には

意味があるとされているんですよ?

 

ホワイトデーのお返しの意味:チョコ

チョコを貰ったお返しにチョコ

これ、特に意味は無いとされています。

つまり無難と言えば無難。

ただ、チョコにチョコ返しかよ?

と、その安易さをケーベツされる可能性は

あるかもしれません(汗)。

でもまあ、貰って嫌な人は

少ないと思いますよ?

 

ホワイトデーのお返しの意味:マシュマロ

ひところ、

ホワイトデー=マシュマロ

と思われていた時期がありました。

ホワイトデーを

マシュマロデー

と呼んでいたほど。

しかし、現在では、

マシュマロのお返しは

あなたが嫌い

という意思表示になるんだそうです。

これには諸説あるのですが、

すぐに溶けてしまう

=気持ちが醒めてしまう

という事から嫌われるのだとか。

 

でもね、もともと、

マシュマロがお返しの定番

だったんです。

それも、

中にチョコの入ったマシュマロ

その理由は、

貰った気持ち(チョコ)を

真っ白な愛で包んで返す

というロマンチックなもの

だったはず。

だから、これはこれでいいと思う

んですけどね・・・。

相手の女性が

マシュマロは嫌いな気持ちの表現

と知っていたら困るので、

マシュマロは避けるか、

渡す時は言い訳をしましょうw




 

ホワイトデーのお返しの意味:キャンディー

ホワイトデーのお返しとして

キャンディーを贈るのは、

あなたが好き

という意思表示

なんだそうです。

長く口の中で楽しめるから

だとか。

なので、

キャンディーを送れば

間違いは無いのですが、

義理チョコに

キャンディーでお返しをすると

勘違いされるかも・・・。

 

ホワイトデーのお返しの意味:クッキー

ホワイトデーのお返しとして

クッキーを贈るのは。

「あなたは友達」

という意思表示なんだそう。

サクサクしていて

乾いた関係

って感じからなのだそう。

義理チョコのお返しとしては

クッキーを贈っておけばOK

ということですね。

本命の娘にクッキーはダメよ?

 

ホワイトデーのお返しの意味:マカロン

ホワイトデーのお返しとしての

マカロンの意味は

特別な人

キャンディーは

あなたが好き

なので、本命は

キャンディーでいいんでしょうけど、

キャンディーだけだと

ちょっと安っぽいというか

そんなあなたには、

マカロンをおすすめします。

 

ホワイトデーのお返しの意味:アクセサリー

女性に、ホワイトデーのお返しで

何が欲しいかというアンケートを

取ると、

決まって上位に来るのが

「アクセサリー」です。

ネックレス

リング

ピアス

などなど・・・。

そりゃそうですよ。

すぐに無くなっちゃうお菓子より

長く身につけておける

アクセサリーを貰ったら

そりゃ嬉しいですよね?

 

ただし、これはあくまでも

本命の男性

の場合でしょう。

義理チョコのお返しに

高価(とは限らないけど)な

アクセサリーを貰ったら、

ちょっと考えてしまうか

下手すりゃドン引き。

なので、ホワイトデーのお返し

としてアクセサリーはいい

のですが、相手は吟味しましょう

という事です。




 

ホワイトデーのお返しの意味なんて、本当は無い

こんなことを言ってしまうと

元も子も無いのですが・・・。

ホワイトデーというのは、

もともと日本人が考えたもの

らしいです。

本家の欧米には

ホワイトデーという習慣自体無い

んですね。

これは、

何か貰ったお返ししなきゃ

という日本人特有の

義理堅さ。

から来ているんだとか。

そして、最初にその

ホワイトデーを考えた方が

提唱したのが、

マシュマロを贈る

ということだったようです。

そう考えると、

今のチョコやクッキーなどの

お返しの意味というのは

かなり後付けの理屈ということで。

あまり囚われる必要は無い

のかもしれません。

大切なのは、

その人の為に時間を掛けて

気持ちを込めて

考えてくれた、選んでくれた

というその気持。

なのでは無いでしょうか。

 

 

 

ホワイトデーなんて無かった?