ノラネコの部屋

ダイエットと健康情報とより良い生活の知恵

ノラネコの部屋

糖質制限してもご飯が食べたい!

2017年02月03日

糖質制限中でもご飯を食べたい時は?



糖質制限中に一番食べてはいけないものが主食。

つまりご飯です。

白米は勿論、玄米、五穀米、いずれも糖質はたっぷりです。

大体、茶碗一杯で糖質50グラムくらいあります

(五穀米は少し少なくて47グラムくらい)。

なので、糖質制限中は、基本的にはご飯を食べたくても我慢した方がいいです。

 

ただ、これにはポイントがあります。

まず、糖質制限は永久には続けないということ。

 

期間の目標を持って糖質制限しましょう。

そうでなければ我慢出来ませんよね?

 

ご飯を我慢しているうちにご飯を食べたくなくなる、という話もあります。

管理人も実際そうなりました。

 

でも、それは健康的では無いし、不自然だと思います。

ご飯を食べたいというのは自然な欲求ですし、

無理にいつまでも我慢するものでは無いと思います。

 

糖質制限中はご飯を我慢するのが基本なら、

期間を決めて我慢しましょう。

3ヶ月だけ。

3ヶ月だけ思い切ってご飯をカットする。

正しく3ヶ月糖質制限すればそれなりに結果は出ます

 

そして、その後はゆるい糖質制限に移行します。

これなら、糖質制限を続けながらご飯を食べる事は出来ます。




その前提で。

そして、糖質制限中でも、どうしてもご飯を食べたくなってしまった場合の対処ですが・・・。

白米ではなく、ちょい足ししたり、他の食材を加えることで、

ぐっとダイエット効果を上げてくれる食材があるんです。

 

糖質制限中でもご飯を食べたい時に効果的な食材:1

 

おから

おからをフライパンで乾煎りするか、オーブンで加熱(200Wで30~60分)して、

サラサラのおからパウダーを用意しておきます。

 

パウダーにしておくと保存性が増して10日くらいは余裕で食べられるようになるので、

タッパーなどに入れておいてすぐに出せるようにしておきましょう。

そしてご飯の上にそのおからパウダーを掛けます

 

おからは豊富な不溶性食物繊維を含みますし、

ご飯のかさ増しにぴったりです。

常におからパウダーをちょい足しするようにしましょう。

 

ご飯を少し少なめにしても、おからパウダーを掛ける事で腹持ちが良くなり、

満腹感も増します。

ちょい足しする量は大さじ2~3杯くらいで良いと思います。

私はご飯を茶碗半分にして残りをおからパウダーで埋めますので、

大さじ3杯どころか茶碗半分です(笑)。

 

ただし、おからパウダーは摂りすぎると逆に便秘になる場合が

ありますので、とり過ぎに気をつけて下さい

もしくは、後述するもち麦と組み合わせると、

不溶性と水溶性の両食物繊維を摂れるので、

ダイエットにも便通にも効果的です。

 

糖質制限中でもご飯を食べたい時に効果的な食材:2

もち麦

これはちょい足しではなく、白米と一緒に炊く食材ですね。

もち麦を一緒に炊いても、実は糖質は全然少なくならないです。

でも、もち麦には圧倒的な食物繊維が含まれます。

 

五穀米にもち麦を足して炊けばベストですね。

もち麦に含まれる水溶性食物繊維、βグルカンは、

脂質や糖質を包み込んでくれる働きがあると

言われています。

 

糖質を摂ったとしても、その吸収がぐっと遅くなることで、

血糖値が上がりにくくなるんですね。

同じ糖質量でも、吸収時間を長くすることで

ダイエット効果が変わって来ます。

 

もち麦の量は、白米7:もち麦3~もち麦10まで、

お好み合わせて割合を変えてみて下さい。

 

ちなみに私は、白米:もち麦を1:1くらいで炊いて、

そこにおからパウダーをちょい足ししています。

 

糖質制限中でもご飯を食べたくなった場合のポイント。

1.目標期間を決めて、その間は我慢する。

(目標を持たずに我慢すると心が折れやすい)。

 

2.それでも食べたい時や、目標期間を過ぎて、

緩い糖質制限に移行した場合は、

おからパウダーやもち麦、五穀米などを

取り入れる。