ノラネコの部屋

ダイエットと健康情報とより良い生活の知恵

ノラネコの部屋

朝起きれない、目覚ましが聞こえない人がスッキリ目覚める意外な方法

2017年05月09日

朝起きれない、目覚ましが聞こえない人がスッキリ目覚める意外な方法

朝起きれない、意外な原因

 

私、朝、どうしても起きれない人でした。

目覚まし時計を3つ使ってましたが、それでも起きれませんでした。

気がついたら3つとも止まっている。

いつ鳴ったのかまるで分からない。

 

この悩み、なかなか分かって貰えません。

「寝坊するのは意識が足りないからだ!」

と言われたり、

「努力が足りない。目覚ましの数を増やせばいいだろう」

などと決めつけられます。

 

・・・目覚まし、既に3つ使っていて、それを5個に増やしたら起きれるのか?

答えは「NO」です

 

というか、目覚ましを複数個使っていたり、

スヌーズを使っている人は、

即刻やめた方がいいです。

理由は後で書きますが、

目覚ましを複数個使うと、

朝起きるのは、更に困難になります




しかし、そんな私も、ここ10年以上、

まったく寝坊した事はありません。

もちろん、寝坊しようとして寝坊する休日は別ですよ?

 

このやり方は、1日で簡単に身につくかというと、

実は難しいかもしれません。

 

しかし、いったん身につければ、

一生の財産になります。

下手すると、目覚まし時計すら不要になる。

そんなテクニックを紹介します。

 

朝起きれない、目覚ましが聞こえない人がスッキリ目覚める意外な方法

人は時間に縛られて生きている

 

私達は、実は常に時間に縛られて生きています。

その証拠に、お昼になればお腹が空きませんか?

夜になれば眠くなりますよね?

 

これは、無意識のうちに、時間を意識しているからなんです。

 

「体内時計」という言葉を聞いた事があるでしょう?

日中は活動的になり、

夜は休息状態になって、自然に眠れるようにする。

こうした活動を司るのが、体内時計と呼ばれる機能なんです。

 

朝どうしても起きれないという人は、

まず、この体内時計が正しく機能していない

と思われます。

 

つまり身体が、「そろそろ起きる時間だよ」と

意識していないのです。

 

生活習慣が乱れて来ると、

体内時計も狂って来ます。

寝る時間や起きる時間があまりに不規則な人は、

まずはそこから見直す必要があるかもしれません。



朝起きれない、目覚ましが聞こえない人がスッキリ目覚める意外な方法

体内時計を活用する

 

朝どうしても起きれなかった私が、

スッと起きれるようになったテクニックは、

この体内時計の活用

そして、

潜在意識の活用、です。

 

やり方は簡単です。

 

寝る前、布団に入った時に、

頭の中に時計を思い浮かべます。

その時計には、朝、目覚める時間を思い浮かべます。

 

そして、その時刻を眺めながら、

「私は明日、◯時△分に目覚める」

「私は明日、◯時△分にすっきりと目覚める」

と、心の中で何度も自分に語りかけます。

そのまま眠ってしまえればベストです。

 

実は、私がやっていることは、

たったこれだけ

これだけで、朝、スッと目覚める事が

出来るようになりました。

 

朝起きれない、目覚ましが聞こえない人がスッキリ目覚める意外な方法

思い浮かべるだけで起きれるとか、絶対ウソでしょ?

 

思い浮かべるだけで起きれるなら、誰も苦労しない!

と思うかもしれませんね。

でも、事実です。

 

ただし、このやり方を身につけるには、

大切なポイントがあります。

 

それは、

自分に言い聞かせない」ということ。

 

え?自分に言い聞かせるんじゃないの?

 

違います。

自分に言い聞かせるというのは

「明日は必ず◯時△分に起きるぞ!」

と、自分に言います。

 

そうではなくて、

「◯時△分に起きるのは当たり前」

「当然、目が覚める」

と、出来ている事が当然という感じで自然に自分に語りかけるんです。

 

この二つは、似ているようで全く別物です。

やってみても上手く行かない、という人は、

自分に言い聞かせている可能性が高いです。



朝起きれない、目覚ましが聞こえない人がスッキリ目覚める意外な方法

絶対に言い聞かせてはいけない理由

 

今回ご紹介する方法は、

自分の潜在意識に働きかける方法です。

 

潜在意識に働きかける時に、

言い聞かせるのは「逆効果」なんです

 

潜在意識の立場に立って考えてみて下さい。

顕在意識のあなたが、

「明日は起きる!起きなきゃならない!」

と繰り返し言い聞かせて来たとします。

 

素直な潜在意識のあなたは、こう受け取ります。

「何でこんなに起きる起きる言うんだろう?

きっと、朝起きるのって物凄く難しい事なんだな」

と。

 

難しい事だと受け止めた潜在意識は、

簡単にそれを放棄してしまう訳です。

 

だから、起きるのは当たり前、

自然に起きて当たり前、

という意識で、自分に語りかけるんです。

 

これが自然に出来るようになるまでに、

もしかしたら少し期間が必要かもしれません。

成功したり失敗したりするかもしれません。

でも、これを継続して行くと、

必ず、スッと、決めた時間に目覚められる日が出て来るはず。

その成功体験を積み上げる事で、

どんどん、潜在意識に上手に働きかけられるようになります。

 

朝起きれない、目覚ましが聞こえない人がスッキリ目覚める意外な方法

目覚ましを複数使ったり、スヌーズをしてはいけない理由

 

今、私は、目覚まし時計はひとつしか使っていません。

また、スヌーズは絶対に使いません。

 

何故なら、脳は利口なので、

一つの目覚ましで起きなくても、

次にまた鳴ってくれるから大丈夫

と、甘えてしまうのです。

 

しかし、目覚ましを一つしか使わず、

スヌーズも掛けなければ、

脳は、「この一発で起きないとまずい」

と認識します。

 

朝起きれない、目覚ましが聞こえない人がスッキリ目覚める意外な方法

まとめ

 

どうでしょうか。

これからもお伝えして行きますが、

この「潜在意識に語りかける方法」は、

他にも様々な応用が効きます。

是非、自分のものにして、

すっきり、決めた時間に目覚められるようになりましょうね♪

 

今回の方法は、体内時計を有効活用する考え方です。

生活習慣が乱れて体内時計そのものが乱れてしまっている人は、

まずは体内時計をきちんと正常に戻す、

ということを意識してみましょう。