ノラネコの部屋

ダイエットと健康情報とより良い生活の知恵

ノラネコの部屋

雨に濡れても風邪をひかない超簡単な方法

2017年05月20日

雨に濡れても風邪をひかない超簡単な方法

雨に濡れて風邪をひく人とひかない人

 

風邪をひくきっかけとして、

雨に濡れた、っていう経験、

ありませんか?

 

子供の頃、

雨に濡れて家に帰って

「早く乾かさないと風邪ひくよ!?」

って怒られませんでした?

 

でも、風邪というのは、

風邪ウイルスに感染して発症するもので、

雨がウイルスを運んでくる訳ではないです。

 

ただ、雨に濡れることで体温が下がり、

一時的に抵抗力が落ちる事で、

ウイルス感染を許しやすい状態になる、

という事はあります。




 

だから、雨に濡れた事が、

風邪をひくきっかけになった、

という人は多いわけですね。

 

ところが、

私、雨に濡れて風邪をひいた、

という経験がありません。

 

もともと身体が強い、とかではなく、

むしろ虚弱体質だったのですが、

あることに気をつける事で、

雨がきっかけで風邪をひくということが、

本当になくなりました。

 

雨に濡れても風邪をひかない超簡単な方法

体温は下げない方がもちろん良い

 

上に書いたように、

雨に濡れて体温が下がることで

抵抗力が落ちる訳ですから、

出来れば体温を下げないように

工夫するのは当然です。

 

また、雨に濡れた後は、

なるべく早く身体を乾かし、

出来る事ならお風呂に入って

身体を温めるのが良いでしょう。

 

しかし、カッパやカサなどの充分な装備を

持っていなかったり、

すぐにお風呂に入れない、

という時もあるでしょう。

 

そんな時に徹底して注意すべきことは

たったひとつです。




 

雨に濡れても風邪をひかない超簡単な方法

絶対に濡らすな

 

私が雨に濡れても風邪をひかなくなったのは、

雨に降られた時に、徹底して頭を守る、

ということを意識するようになったから、です。

 

傘が無くても、とにかく手持ちの何かを使って

頭を守る。

ハンカチでもビニール袋でも、

何でもいいので、とにかく頭を濡らさないように

意識します。

 

身体はずぶ濡れになっても、

帽子一つ被っているだけで、

その後のダメージは全然違います。

 

そして、万が一頭が濡れてしまったら、

出来るだけ早く乾かします。

 

身体を拭くよりも、まずは頭。

髪の毛と頭皮をとにかくしっかりと

乾かします。

 

雨に降られた時、

無意識にカバン等を頭に載せて

ダッシュする人がいますが、

あれは本当に正しい行為です。




 

雨に濡れても風邪をひかない超簡単な方法

雨に降られずに頭が濡れる行為=シャワー

 

雨に濡れたら、まずは頭を乾かす。

ということは、洗髪した後も同様です。

 

洗髪後の乾燥が不十分だと、

やはり風邪をひきやすくなります。

洗髪をしなくても、頭からシャワーを浴びたり

した後は、とにかく頭皮を乾かしましょう。

 

きちんと乾かさないと、

濡れた髪の毛がずっと頭皮から体温を

奪い続けることになってしまいます。

 

身体の中でも体温を下げやすい部位、

それが頭皮。

これをしっかり意識することで、

不用意に風邪をひくリスクは

大幅に減少するでしょう。

 

ドライヤーの当て過ぎで

髪の毛が痛むのが心配、

という方は、

徹底的にタオルドライをしてから

ドライヤーを使いましょう。

 

この時に、ただのタオルではなく、

マイクロファイバータオルを使うと

非常に効果的です。

 

ただのタオルとマイクロファイバータオルでは

吸水力がまるで違います。

 

いかがでしょう。

頭皮を守ること=風邪を防ぎ健康を守ること。

出来れば帽子か折りたたみ傘を、

外出時は常に持参するようにしましょうね。