ノラネコの部屋

ダイエットと健康情報とより良い生活の知恵

ノラネコの部屋

チョコの効果まとめ。高血圧、ストレス、ダイエット、コレステロール改善

2017年03月06日

チョコレートで太りません。

チョコレートというと、どんな印象が
ありますか?

甘い

美味しい

高カロリー

・・・太る

糖質制限ダイエットをしている、
私、管理人はおやつによくチョコを食べます。

そうすると、周囲の人は驚くんです。
え?ダイエットしてるのにチョコなんて食べるの?
って。




勿論、チョコを食べた時点で、
厳密には糖質制限では無いです。
でも、実は、チョコは糖質も比較的少なく、
それ以外にメリットが沢山ある
健康食材なんです。

チョコレートの効果が改めて注目を集めています。

チョコの効果については、明治製菓が以下のような
発表をしています。

今まで、チョコレートやココアに含まれる

カカオポリフェノールは、

活性酸素を抑える働きがあることが知られ、

生活習慣病に有効であるとの多くの報告が

ありました。

コレステロール値の改善、血圧低下および

血管内皮機能の改善、心疾患リスクの低減、

インスリン抵抗性の改善といった多岐にわたる

臨床試験結果が得られていますが、

日本人でのデータは限定的と

いわざるえない状態でした。

このような状況を踏まえて行われた今回の実証研究

では、日本人を対象としたチョコレートを用いた

初の大規模調査を行いました。

血圧低下、HDL(善玉)コレステロール値上昇などの効果に
加え、BDNF(脳由来神経栄養因子)の上昇や、

炎症指標と酸化ストレス指標の低下を新たに確認しました。

明治製菓が特に強調しているのは、
血圧抑制効果で、高血圧の人ほど、
血圧の低下が見られたとのことです。

明治製菓の発表なので、
チョコを売りたいだけでしょ?
なんて思うかもしれませんが、
そんな事は勿論ありません。

チョコが健康に良いというのは、
しっかりした裏付けがあることなんです。

チョコが血圧を下げる秘密

チョコには、抗酸化物質として知られる
カカオポリフェノール
が豊富に含まれており、
他にも鉄や亜鉛、カルシウムなどのミネラルや
食物繊維が含まれています。

カカオポリフェノールはともかく、
ポリフェノールという言葉は
誰でも耳にしたことはあるのでは
ないでしょうか?

有名なのは赤ワインですよね。
フランス人の健康・長生きの秘訣
として有名です。




ポリフェノールは抗酸化物質として
有名です。
抗酸化物質とは、活性酸素の作用
から身体を守る物質を言います。

老化=身体が錆びついてしまう事、
と考えると、
抗酸化物質=アンチエイジングの味方
ということになります。

そんな、老化防止に強力な味方と
なるポリフェノールですが、
中でも、カカオポリフェノールは、
活性酸素を除去する効果が、
赤ワインのポリフェノールの、
実に2倍!もあると言われています。

また、先の高血圧の改善結果も、
カカオポリフェノールによる
血管を広げる作用がもたらしたもの
とされています。

チョコは脂質異常に効果がある

チョコに含まれるカカオポリフェノールは、
善玉コレステロールを増やし、
悪玉コレステロールの酸化を防止
する力があると言われています。

血管壁が詰まることで発症する病気
の原因として、このコレステロールの
バランスの悪化が挙げられています。

カカオポリフェノールの力で、
コレステロールのバランスを改善すること
により、血管壁が詰まりやすく
なるリスクを低減出来る訳です。

チョコはストレスを減らす

活性酸素を分解してその働きを
抑えるのが抗酸化物質である、
カカオポリフェノール。

その活性酸素は人間の活動の中で
必ず発生するものではあるのですが、
激しい運動をしたり、
ストレスを抱えたりすると、
活性酸素の発生は急激に増えます。

そんな時に、チョコが役に立ちます。

それは、チョコのカカオポリフェノール
活性酸素を分解するだけでなく、
ストレスを軽減する働きもあるから、
なんです。

発生した活性酸素を分解するだけでなく、
その活性酸素の発生の元である
ストレスを軽減し、そもそもの
活性酸素の生成までをも抑制するという
のは嬉しいですね。

チョコはダイエットにも効果がある

一番驚かれるのが、この、
チョコはダイエットに効果がある、
という話です。

チョコ=甘いもの=ダイエットの敵
という感覚で見ている方は多いと
思います。

でも、チョコに含まれる
カカオポリフェノールには、
空腹感を抑える効果
や、
新陳代謝を高める効果
があるんです。

チョコを食べると血糖値は
勿論上がります。

しかし、例えば、食前にチョコを
チョコっと食べておくことで
事前に血糖値を少し上げて、
空腹感を和らげ、
ご飯の食べ過ぎを防止する
事も可能になって来るのです。




また、ダイエット中と言っても
甘いものも時には食べたくなりますよね?

でも、例えば、板チョコと
チョコクッキーを比較した場合、
板チョコの方が糖質は少ないです。

クッキー等を食べるくらいなら、
板チョコを食べておいた方が良いです。

ただし、チョコを食べたからと言って
太る訳ではない、という実験結果が
出ているということであって、
チョコを食べるだけでダイエットできる
なんていうことはありませんので、
ご注意下さい。

全てのチョコに効果がある訳ではない?

チョコに大きな健康効果があることは
お分かり頂けたと思います。

しかし、全てのチョコに同じように
健康効果がある訳ではないので、
注意が必要です。

健康やダイエットを目的に
積極的に摂りたいチョコは、
高カカオチョコ
と言われるものです。

最近、スーパー等でも良く目に
することが増え、とても買いやすく
なって来ました。

カカオ○○% などと明記されて
いるチョコですね。

出来ればカカオ70%以上の製品
選びたいところです。

普通のミルクチョコなどでは、
どうしても砂糖が多すぎるので、
糖分とカロリーのとり過ぎに
なってしまいます。

高カカオのチョコを、
板チョコで言えば5かけらほど、
重さで言えば25グラムほどを
毎日食べるのが良いとされています。

食べ過ぎに注意して、積極的に
高カカオチョコで身体を守りましょう