ノラネコの部屋

ダイエットと健康情報とより良い生活の知恵

ノラネコの部屋

バイクは危ないという思考停止の人々を説得する方法はあるのか?

2017年04月14日

バイクは危ないという思考停止の人々を説得する方法はあるのか?

3ない運動というアホな歴史

 

バイク=危ない、

という人、いますよね。

 

なんかもう、本当に疲れるんですが、

乗った事の無い人に限って言います。

「バイクは危ない」

 

何がどう危ないのかと聞くと、

決まって返って来る答えは

「転んだらどうするんだ」




 

あのー・・・。

まあ確かに、私、過去に転んだ事、あります。

 

峠で無茶してこけたのと、

横から飛び出して来た車(一時停止無視)

に当てられてこけたのと、

信号無視の車に当てられてこけたのと。

 

その中でケガをしたのは1回。

脚の脛が車に当たって、

何針か縫いました。

 

でも、それだけ。

 

いや別に、だからこの先大きなけがをしない、

なんていう理由にはなりません。

 

でも、交差点で信号無視して来た車に当たる、

なんていうケースや、

一時停止無視というケース、

いずれも、こっちの速度は40~50㎞/h。

その程度の速度でも、

死ぬ時は死ぬんでしょうけど、

確率は高くは無いでしょう。

 

でもですね。

バイクは危ない!と声高に言う人たちは、

理論理屈じゃ無いんです。

とにかくバイクは危ないから危ない。

危ないったら危ない!

んです。

 

だから、はっきりいって説得は無理。

だって、経験も無い興味も無い、

思い込みしか無い、

聞く耳も無い、

そんな状態のものを説得する方法なんて、

無いです。

 

その昔、どこの阿呆が考えたのか、

3ない運動

という下らないスローガンがありました。

 

バイクに乗らない

免許を取らない

なんだっけ?買わない?かな?

とにかくそんな話。

 

まあ当時、暴走族なんていうアホ集団が走り回っていて、

そもそもバイクの印象自体が悪かったし、

バイク=不良、みたいな見方もありましたしね。




 

バイクは危ないという思考停止の人々を説得する方法はあるのか?

実際、バイクは危ないの?

 

真面目な話、

バイクが危ないかどうかという議論は、

ほとんど意味がありません。

 

だって、バイクは人が触らなければ何も出来ない。

バイクがひとりでに走り出して人を轢くなんて事は

どう考えてもありません。

 

ということは、

包丁は危ない、指を切ったらどうすんだ!?

という理屈と一緒。

 

そりゃ、危ないですよ。

大型になれば時速300㎞/hとか、

とんでもない速度が出る訳で。

それだけのエネルギーがあれば、

なんだって危ない。

 

トラックもダンプもバスも、

乗用車も新幹線も、

もちろん飛行機も。

 

反対派の方は言います。

いや、そんな意味じゃ無い。

バイクは、自分が大けがしたり死ぬ確率が

高いでしょ?

と。

 

いやいや、だからこそ、

包丁の話をしているわけで。

転んだらケガをする確率は高いかどうか、

それは分からないけど、可能性はある。

でも、それ以前に事故そのものを回避する能力も、

自動車が比較にならないレベルで、あるわけです。

そして、それは、使う人次第。

 

車同士なら正面衝突するシーンでも、

バイク同士なら単なるすれ違いで済む。

 

車なら正面衝突するしか無い場面でも、

バイクなら車体を捨てて飛び降りる事も

出来る。

 

まあそれは極端な例ですが。

バイクという乗り物が本当に危ないのなら、

どうして警察は白バイなんていうものを

設けているんでしょうね?

白バイに乗せるのは、警察官を危険にさらす、

人権に対する罪じゃ無いですか?




 

バイクは危ないという思考停止の人々を説得する方法はあるのか?

乗れば分かるけど、乗らないから一生分からない

 

バイクなんて、節度を持って乗れば、

危ないなんていう場面は本当に少ないし、

そうそうケガなんてしない。

 

でも、それは、乗っているからわかる事で、

否定する人は何故か頑なに乗らずに主張するので、

一生分かり合える事はありません。

 

もしもこれを見ているあなたが高校生なら、

両親の理解が無ければ、

今は諦めるしか無いかもしれません。

 

あなたが社会人で、

自分で責任を持てる立場なのに、

家族に反対されて乗れないのであれば…。

 

乗っちゃうしかない(笑)。

 

乗って、事故らずケガせず、

週末を楽しむ。

 

その実績を無理やり積み上げるしか

無いのかもしれません。

 

後は、トップガンとか、

バイクがそれなりにカッコよく走っている映画

なんかを一緒に観るとか?

 

とにかく。

こんなに楽しい乗り物を、

簡単に諦めないで!と言いたいです。

 

夏は暑いし、冬は寒いし、

雨には濡れるし、

本当に不自由な乗り物。

 

でも、こんなに自由な乗り物は、

そうそう無いのですから。

 

バイクは危ないという思考停止の人々を説得する方法はあるのか?

せめて主張して行きます

 

そんなわけで、

私は、バイクの楽しさと安全について、

繰り返し語って行きたいと思います。

 

長年大きな事故を起こさずケガをせず、

走り続けている者だけが語れるものも

あると思うので。